×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お酒とタバコを控えよう

子供の頃の大人のイメージってお酒とタバコを吸っているような感じでした。

いざ自分がその年齢になるとお酒もタバコもやっていないのですが・・・・ 


大人になるとタバコはともかくとしてお酒を飲む機会が増えるとおもいます。会社や友達と飲み会という風になってしまいますので割りとお酒が飲めない人にはきついものがあります。

そのお酒ですがアルコールというのはもともと臭いの塊ですので体臭がきつくなる可能性がありますし、お酒を摂取することにより体温が上昇し汗をかくようになりますのでわきがの人の場合に臭いが発生してしまうかもしれません。 


そしてタバコについてですが、こっちはアルコールに比べやっている人が少ないと思いますがニコチン中毒になってしまうと簡単には辞めることが出来ないのでいろいろ大変だとおもいます。

タバコは値段も高くなってきましたし、体自体に害があり、周りの人からも嫌がられる可能性が十分にあるので100害あって1利なしといわれているようなものです。


そのタバコに含まれているニコチンはわきがの原因となっているアポクリン汗腺を刺激して臭いを強くしてしまう可能性があります。

タバコのにおいもついてしまいますし、口臭もあるでしょう。

わきがと口臭なんていったらかなり悲惨な状況だとおもいます。

Copyright © わきが対策を簡単にする方法はこちら All rights reserved